10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お迎えの準備♪

急に温かくなったので、午後からハムスターをお迎えしようと思い
準備を始めました (∩_∩)!

実は・・・飼育箱を用意してあったのですが、ちょっと狭いなぁと思い始めました。

やはりここは、かの有名なミニデュナがいいなぁと思うも、何せ値段が高い!
がしかし、神は私を見捨てていなかった(笑)

通常、4,500円前後でカラー指定出来ないというミニデュナが、
な、なんと2,980円、しかもピンク指定 というのを見つけました!
でも、ちょうど楽天のスーパーセールの時だったから期間限定商品かも?

0310-1.jpg

清水の舞台から飛び降りるつもりで(オーバー??)ポチり、
ついでに紙のトイレ砂(固まらないもの)を買ってみました。
0310-6.jpg

さぁ、準備、準備♪

まず・・・新聞紙を敷いて~
0310-2.jpg

その上に広葉樹マット、
0310-4.jpg

トイレに紙砂を入れて~
0310-5.jpg

100均一で買った猫ピンに砂を入れて~
0310-7.jpg

後は、お家、ホイール、えさ入れ、ラップの芯に穴をあけたトンネルを配置。
0310-8.jpg

で、こんなんなりました~♪

トイレと家を結ぶところに[隠れられる道路を作るといいと]書いてあったので、
こんな風にしてみたんですが・・・。

それと、お家はわざと横向きにしてます。

どうかな?






スポンサーサイト

ハム用品が届いた!

ハムスターの色々が届きました!(^-^)

ホームセンターでは良いものがなくて、
結局、小動物専門店ヘヴンというところで揃えました。
すごく安かった・・という庶民的な理由で(笑)
0307-1.jpg
実のところ、これが最適なものなのか・・・は分かりません(笑)

ハムスタートイレ・水飲みボトル・ハウス(2階でごはん)・ハウス専用ご飯入れ
【ペレット】はハムスターセレクション
【補助食・おやつ】はミックスフードPROとドライチーズ・そばの実

0307-2.jpg

そばの実、凄い量です(^^;これって一生分 入ってるとか?(-_-;)
トイレには固まる砂なるものが入っていましたが、
これはNGと飼育本にも書いてありますね・・・
もったいない気もするけど、使わない方がいいのかなぁ。


【床材】は広葉樹マットとコーンクリーンベッド
【砂浴びの砂】はバスサンド


0307-4.jpg

このこのコーンチップ(コーンクリーンベット)は、
飼育本では2重丸になって、一番のお薦めでしたが・・・
どうも、食べ物と間違えて食べちゃうハムちゃんもいとか。。。。σ(^◇^;)
他の種類の砂サンプルが入っていましたよ。

ところで、ここで気付いたんですが・・・
【トイレ砂】と【砂浴びの砂】って別物なんですかね?(・_・;?


ハムスターケージを買う!の巻き

30年前に飼っていたハムスターはゴールデンだった。

その当時には、ゴルハム以外はいなかったから、

選ぶも何も・・・ね(^^;


はてさて、今では種類も豊富なハムスター達がいるらしい。

ハムスター=ゴールデンしか知らない私にとっては、

それはそれはカルチャーショックでしたよ。


初心者向けのもの⇒ゴールデン、ジャンガリアン、チャイニーズ

の中から、ハムちゃんの生まれ変わりを見つけなくてはなりません(笑)


ゴルハムは何しろ顔がほっこりして可愛い。

他の方のブログを見ても、顔を見て思わず笑ってしまうのは

やっぱりゴルハムなのですね~。


ただ、新しい(すでに古いと思うが-汗)種類に興味津々の私。

特にジャンガリアンが可愛いなぁ・・・と、ちよっと思い始める。

そして、

そうだ!ジャンガリアンを飼おう!(そうだ!京都に行こう!バージョン)

行くぜ!ジャガリン!(行くぜ!東北 バージョン)

と、相成りました~!

そして、ケージとお家と回し車を購入しましたよ。

ハムケージ

まぁ、すべてポイント消化ですけど(^^; 期限が迫っていたんでね(えへへっ)

お家は可愛い・・・ただそれだけの理由で買ったんですが(笑)

これは外側はプラスチック、中は陶器みたいで重いですよ。

ハムハウス

実際にこれがハムに良いのかは不明(笑)


それに、このプラゲージ、とてもいい感じなんだけれど、
蓋と上部の覗き窓が固くて、ちょっと改造しないとハムちゃんは音に驚きそうです。
ハムケージ2


それに、どうも、ケージは家ではなく街なのだそうで・・・

だから種類の大きさに合わせて、それなりの大きさがいるんですね。

飼育本ではドワーフなら幅35cm×奥行き20cm×高さ20cmと書いてある。

が、実際には、それは最低の大きさなんだってね。。

私が買ったケージの広さは・・・

37×28×23なので、ジャンガリアンでも、ぎりぎりですかね(^^;



最初、ケージは衣装ケースを改造しようと思っていたんですが、

取りあえず、最初はこれで行きましょう!


少しずつ、準備が進んで行きます(^^)

ハムの病気と病院について悩む(^ ^;

私は飼育本を買ってハムスターの飼い方を学び始めました。

それと同時にネットでの情報、

ハムスターを飼っている方のブログを覗いたりしていました。


まず、最初に私を悩ましたのはハムちゃんの病気です。

色々と、ハムスターを亡くされた方のブログを見て、

ちょっと怖くなりました。

というのも、私は昨年末の愛犬を亡くしているからです。

愛する動物の死は、飼い主にかなりのダメージを与えますので、

もう、やめようか・・・などと思いました。


特にハムスターやうさぎなどの捕食される側の動物は

弱ったらやられてしまうので、

かなり病気が重い状態でも元気にふるまうんですね。。。

なんか、健気ですね。


が、私には「過去のハムちゃんの生き直しをさせてあげよう」(という自己満足ですが)

という思いが強かったので、

それでは・・・とハムスターを診てくれる病院を探し始めました。

ハムスターやうさぎ、爬虫類、鳥などは「エキゾチックアニマル」と言うそうですね。

始めて知りました。。。。


調べてみると、同じ市内に飼育本などにも掲載されている

有名な「エキゾチックアニマル専門の病院」がありました。

が、市内といえども車で40分位かかります。


もっと、近いところにはないか・・・と探すと、

な、なんと、車で15分くらいの所に動物園で獣医をしていた方の

エキゾチックアニマルの病院があるではありませんか!?

これは、なんと幸運なことでしょうか。

なんか、神様に「ハムちゃんを飼っても大丈夫♪」と言われた気がして

萎えていた気持ちが元気になりましたよ。


ただ、瀕死の状態の動物を病院で診てもらうか・・ということに関しては

私には迷いがあります。

どうせ死ぬのであれば、怖い思いをせずに逝かせることが良いことなんじゃないだろうか?


それは、2匹の愛犬を看取った私の「解決できない苦悩」にも結び尽きます。


だから、今度迎えるハムちゃんが病気になった時、

はたして、私は病院に連れていくだろうか?

人に触られる事を嫌がるハムだったら?


飼う前から、そんな事を心配している私なのでした。。。
(心配性にもほどがあるし-笑)

ハムスターを再び迎える☆

私は、今ハムスターをお迎えしようとしてドキドキしています

でも、実は初めてではなく30年前にも飼ったことがあるのです。

ただ、その当時はハムスターの飼育環境は良いとは言えませんでした


当時「学研の科学と学習」という本がありました。

その本にはいつも付録が付いていて、ある時「ハムスター飼育セット」なるものがついて来ました。

小さなプラスチックのカゴです。

それをきっかけに近所の子供たちの間で、ハム飼いが流行り出しました。

うちの子供たちは、その本をとってはいなかったのですが、

それでも「ハム流行の波」は我が家にもやって来ました。

無類の動物好きの私は、子供にせがまれるままに

近所の小動物屋(小鳥、カメ、魚など)を売っているお店に行きました。

ハムスター(当時はゴールデンしか日本にはいなかった)は

たらいのような、樽のような中にウチャウチャと入っていました。

幼稚園だった息子が選んだの真っ白なハムスター。

そして目は赤でした。(今でいうアルビノ)

えっ、ハツカネズミ!?・・・と思ったのは言うまでもありません(笑)


小動物屋のおじさんは「鳥かご」と「ひまわりの種」と「まわし車」を渡して

「後は野菜を上げれば水は必要ないよ」と言いました。

巣は「階段(はしご)のついた赤い屋根のお家」でした。(今、考えると恐ろしい)


家に帰るとおじさんの指導?のように

下に新聞紙を敷いて、ティシュを手で裂いたものを入れてあげました。

当時はハムスターに誰も名前などはつけていませんでした。

どの子も「ハムちゃん」と呼んでいました。


ハムちゃんは、ティシュをもぐもぐと口に入れると、

階段(はしご)を上って行き、家の中でそれを器用に出して

家の中をいっぱいに埋めていました。

お家の掃除をしようと家を開けると

ティシュ、ひまわりの種、おしっこ、うんこがごちゃ混ぜになっていました。

その当時は、それがハムスターなんだと思っていたけれど、

今考えると、お家以外に安心できる場所がなかったんだなぁ・・と可愛いそうになります。


暑さ、寒さに弱いなどとは誰も知りませんでした。(きっと、お店のおじさんも)

ハムちゃんは、昼間皆がいる茶の間にいて、

夜は皆が寝室に入るので、冷暖房のない部屋で過ごしていました。


ある時、カゴの掃除をする時に段ボールの中に入れていて脱走されました

ほんの数十分なのに段ボールの隅をかじって外に出たのです。

段ボールを台の上のおいておいたので、よく怪我をしなっかったと思います。

きっと、ハムちゃんは もっと広いところで遊びたかったんだね。。


そんなハムちゃんも、ある夏に死んでしまいました。。。。

きっと、水もなくて暑かったんだろうと思います。


本当にあの時代のハムちゃんは、飼育本もなく、

お店の人にも知識がなく、飼い主も「そういうものなんだ」と思っていて

今考えると可愛そうになります(TT)

私は、今でもハムちゃんにと、台所の隅にお水の入ったコップを置いて

「ハムちゃん飲んでね」と言っているんです。


この30年の間、愛犬2匹と順に暮らして、昨年末に亡くしました。

私が子供のころに飼っていたワンコとニャンコが

どちらも悲しい亡くなり方をしたので
(子供だった私にはどうすることも出来なくて)

同じ名前をつけて「今度は幸せにしよう」と暮らして看取りました。

そして、今 今度はあの「ハムちゃんの魂を生き直させてあげたいなぁ」と思いだしました。




ハムちゃん、今度は幸せにしてあげるから、また、私の所に帰っておいで!

ということで・・・私のハム飼いのお勉強が始まります(*^^*)



広告↓


ダラシンC








訪問ありがとう!

用意したもの

利用しているSHOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。